横浜の無痛分娩ならこのクリニック3選【麻酔科医常駐】

横浜で安心・安全な無痛分娩に取り組んでいるクリニック教えます

聖マリアクリニック

聖マリアクリニック ●横浜市戸塚区品濃町 509-3
●電話番号:045-820-6303
☆麻酔専門医が常駐
☆洋室と和室の完全個室 家族の宿泊も可能
☆無料の自宅送迎サービス・保育室あり

公式HPはこちら

新横浜母と子の病院

新横浜母と子の病院 ●横浜市港北区鳥山町650
●電話番号:045-472-2911
☆分娩の30〜40%が無痛分娩
☆院長は日本ペインクリニック学会専門医
☆アロママッサージなどのリラクゼーション

公式HPはこちら

あおばウィメンズホスピタル

あおばウィメンズホスピタル ●横浜市青葉区青葉台1-29-15
●電話番号:045-981-4103
☆自力でいきんでの和痛分娩も可能
☆音・アロマ・光を使った分娩室での出産
☆出産後にプラセンタやにんにく注射の投与可

公式HPはこちら

選定基準:麻酔科医と小児科医が常駐しており、完全個室が選べる個人病院を選定(2013年11月時点)

横浜の無痛分娩クリニック総合比較 » 教えて!無痛分娩の本当のところ » 無痛分娩って本当に無痛なの?

無痛分娩って本当に無痛なの?

無痛分娩はどのくらい痛いの?ここでは無痛で一般的な硬膜外無痛の痛みの程度について解説します。

無痛分娩の痛みはどの程度?

無痛分娩で一般的な硬膜外無痛は、下半身のみの局所麻酔です。

まず背中に麻酔薬を入れるカテーテルを刺しますが、カテーテルを刺す前に少量の麻酔を周囲に打ちます。

そのためカテーテルを刺す際は、背中を押されたような感じがあるだけでほとんど痛みはありません。

その後、陣痛が始まってから麻酔薬を少しずつ注入していきます。

大体麻酔を注入して20~30分前後で陣痛の痛みが消えていきます

子宮口が全開大になるまでは、陣痛の痛みを完全に除去せず、いきみやすいように子宮が収縮する感覚を残します

痛みの感じ方は人それぞれですが、生理痛程度の痛みと表現する方が多いようです。中にはほとんど痛みを感じない方もいます。

出産後は、数時間後に麻酔が切れます。後陣痛の痛みが強く出ることもありますが、病院によっては鎮痛剤や麻酔で対応してくれるところもあります。

後陣痛の痛みは強くても強めの生理痛程度です。

計画出産か、自然な陣痛を待つか

硬膜外無痛分娩は、計画出産の場合と自然な陣痛を待つ場合の2種類のやり方があります。

硬膜外無痛を麻酔の専門医が行う場合、分娩日を決めて前日から入院する「計画出産」が大半です。

その理由は、麻酔医が勤務している昼間に確実に硬膜外無痛を行うためです。

お産の進み具合を確認して、前日にラミナリアなどを入れて子宮口を人工的に開きます。

陣痛が始まらない場合は翌日に麻酔と同時に陣痛促進剤を入れます。

麻酔医が常駐していない病院では、夜間や休日に陣痛が始まると自然分娩になるケースもあるそうです。

一方、自然な陣痛を待って麻酔薬を入れるやり方もあります。痛みが強くなってから麻酔医またはドクターが麻酔を行います。

陣痛はいつ起こるか分からないので、夜中や休日に無痛に対応できるかは病院の体制によります。

「自然分娩で頑張りたいけど、最後に無痛にするかもしれない」そんな方は、なるべく麻酔医が常駐している病院を選ぶとよいでしょう。

麻酔をどのタイミングで入れるかは病院の方針によって違う

ペインコントロールにこだわっている病院陣痛が始まってすぐに入れますが、

自然分娩を推奨している病院お産がかなり進んでから入れる傾向が強いようです。

また、自分が好きなタイミングで麻酔を注入してもらえる病院もあります。

「陣痛の痛みを少しは感じたい、でも痛みのピークからは逃れたい」「痛みをほとんど感じずに生みたい」など、無痛分娩への希望は人それぞれです。

気になるクリニックに方針などを直接確認してみましょう。


クリニックの方針の違いは?

無痛分娩で評判の横浜のクリニック3選をチェック>>

 

無痛分娩で評判のクリニック一覧【横浜】

選んでよかった?初めての無痛分娩体験談

教えて!無痛分娩の本当のところ